エンターテイメント情報商材

エンターテイメント情報商材

スポーツ、音楽、占い、ゲーム、グルメ、旅行などに関する情報商材を紹介していきます。
オススメ「エンターテイメント」のための情報商材
人気No.1 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

5ラウンドして90を切れなければ全額返金します!どうしても90を切りたいゴルファーに!現役プロが絶賛!【手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!】

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜畑流ウィンドミル上達術
2009年06月10日 (水) 12:19 | 編集










毎日たくさんの練習量をこなしているのに、なかなか球速が上がらない。
本当に今のトレーニング内容や指導方法が効果的なのか分からない。
コントロールが定まらない。
変化球の握り方や投げ方が分からない。
子供に分かりやすく指導することができない。
野球の経験はあるが、ソフトボールの経験はない。
ピッチングフォームが定まらない。
身体の使い方が分からない。

このようなことで、悩みや疑問をお持ちではないですか?
これは、私が選手や保護者・指導者の方から受けた相談のほんの一部です。

では、あなたはどうすれば、球威のあるボールが投げられると思いますか?
ウィンドミルに必要とされる身体の使い方や強化の仕方をご存知ですか?

『筋力UP』!? 『毎日の投げ込み』!?

確かに必要ではあります…
しかし…これだけでは、真のエースになることはできません。

「では、一体どのようなトレーニングをすれば
よいのでしょうか?」





申し遅れました。浜畑太と申します。

実は、球威のあるストレートやキレのある変化球を投げる事は
簡単です。
ウィンドミル投法に必要な理想的な身体の使い方の習得は難しく
ありません。
ウィンドミルは上投げのように、「体格」や「センス」などが影響することはありません。
ましてや、経験や年齢・性別に関係するものでもありません。
老若男女、今からでも上達への道を歩むことができるのです。
私は、現役のプレーヤーであると同時に、指導者でもあります。
指導している中で、選手や保護者の方々はもちろん、同じように指導されている指導者の
方からもたくさんの相談を受けます。

さらに…

等々、疑問や悩みは様々です。

実は、私もソフトボールの投手を始めたばかりのころは、様々な練習方法を受けて
いました。
たくさんの方の指導を受ければ受けるほど、どの指導が一番いいのかわからなくなるのが
本音でした。

もちろん、そんな練習方法ではフォームが固まるわけでもなく、球威もなかったのは
まぎれもない事実です。
「どんな練習方法であれば、誰でも確実にレベルアップできるのだろう?」
それが私の子供のころからの永遠のテーマで ・・・・・

この情報の詳細を見る



スポンサーサイト
【サーフィン初心者脱出プログラム】これを知らなければいつまでたっても初心者のままです☆豊富なイラストでわかりやすい
2009年06月07日 (日) 12:57 | 編集

サーフィン初心者上達方法


               




著者紹介

はら つよし。 1960年生まれ。

若いころにサーフィンをやったことはあるんですが、ほとんど海水浴気分でして、ろくに波に乗れてませんでした。

それで「もう一度サーフィンをちゃんとやってみたい」という思いがずっとありまして...サーフショップ NewWave の門を叩いたときには50歳ももう目前という年齢になっていました(汗)。

ショートボードをやりたかったんですが、「歳が歳だけにロングボードじゃないと無理だろう」と自分を説得して完全オーダーでロングボードを注文しました。 しかし、これがいつまでたっても出来てこないんです。 仕方ないので、若いころに買ったショートボードをひっぱり出して海に入ってみたものの。 

こんな不安定なものの上にどうして立てようか。 これが第一声。 そしてご想像のとおり、波に揉まれてひどい目にあいました。 ところがその後、NewWaveスタッフによる的確なアドバイスによってみるみる上達していったんです。 注文していたロングボードが出来上がってきたときには、もうショートボードにハマっていましたね(笑)。

冒頭のシーケンス画像は、私がサーフィンスクールをはじめて受けてから わずか8ヵ月のものです。




誰も語らなかったサーフィンの極意がここにあるサーフィンは難しい。これは一般的に言われていることです。楽しそうでかっこいいからと気軽に初めてみたものの...やってみると想像を絶するほどに難しい。とても無理だと早々にあきらめてしまう人がいかに多いことか。しかし、そんな方々に私はこう断言したいのです。



アップス&ダウンやカットバックはあなたにもできる


そこに導くまでの適切な参考書や指導者が、あなたの近くになかっただけなのです。その状況に気づいたとき、私はこのEブックを無心で書いていました。





私のブログが日本最大のブログランキングで1位、2位に
    

アラウンド50・サーフィン中毒日記









 <購入者紹介>YOUさん 18歳

 前からサーフィンがやってみたかったんですが、住んで ・・・・・

この情報の詳細を見る



週たった10分で簡単、家庭菜園を成功させる方法
2009年06月07日 (日) 08:58 | 編集




TV・ラジオなどでも有名な家庭菜園のプロで第一人者が、どんな場所でも素人が簡単に美味しい野菜を作れる特許出願中の方法を惜しげもなく初公開いたします。

 この栽培方法は、無農薬・無肥料・有機栽培・自然栽培が基本です。
もしも、あなたが「家庭菜園(野菜作り)を今すぐ始めたい」と、お思いなら3分だけ下の手紙を読んでみて下さい。























ごご覧のように、素人が驚くほど美味しい野菜をいとも簡単に作ることに成功しています。
しかも、1週間に「たった10分あることをしただけで・・・」

では、この人たちはいったい何をしたのでしょうか?



はじめまして、
申し遅れました私、人見 浩と申します。

現在、栃木県那須塩原にて農業、野菜直売所を経営しております。
私は30年以上にわたり家庭菜園についての研究と活動を行ってまいりました。
その結果、素人がどこでも簡単に美味しい野菜を作れる画期的な栽培方法を見つけ出す
事に成功し「特許出願」へと至りました。
私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

家庭菜園・野菜作りを始めたいけど「何から始めればいいのかわからない?」
「どんな用具・材料を揃えればよいのか全くわからない?」「野菜が上手く育たない」と、悩んでいる人達があまりには多いから。

そして、その人たちに
家庭菜園(野菜作り)は簡単に出来るということを実感してもらい、家庭菜園(野菜つくり)の素晴らしさ・楽しさを感じてもらいたいと思い、今回この栽培方法を初公開することにしました。

「でも、難しい知識とか専門技術とか必要なんじゃないの・・・」という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

「家庭菜園(野菜作り)をやってみたい・・・でも、高価な道具や材料が必要なんですよね。」

「野菜を作れるような、専門の知識や技術がないから無理だよな・・・」

また、本屋さんで売っている家庭菜園の方法や野菜作りの方法で、野菜作りを成功させようとしても、「なかなか上手くいかない」「まったくできない」「続かない」といったこともよく耳にします。一般的に家庭菜園を成功させる方法は、高度な専門知識や専門技術を身につけるしかない…と。
 ・・・・・

この情報の詳細を見る



一万人を見てきた熟練キャディーが教える、究極のゴルフ上達法90日間完全返金保障付き
2009年06月02日 (火) 09:15 | 編集



















詳しくはこの手紙の中段部分をお読み下さい。

   
先ずは、この上達法を実践されている方の声をお聞き下さい。

「飛距離が30ヤードも伸びた」




ゴルフって努力した分、報われるものだと思っていました。
今まで相当練習していましたよ。ほんとうに。
だけど高橋さんの「スイング理論」が意図するものを理解した頃から
その考えは逆転していきました。
今思えば随分、意味のない努力をしてきたものです。


最近ドライバーを打つ度に自信が湧いてきます!
ドライバーの平均飛距離が30ヤードも伸びました!
平均して280Yは出るようになったのです。

自分でも信じられない程の効果です。
最近シングルも見えてきました。これからも頑張ります!

(千葉県 木戸永治様40歳 ゴルフ暦5年 ベストスコア84)



信じられないかもしれませんが、このお話は実際の出来事です。
■都内の練習場にて

わたし「Oさん!お久しぶりです!」

Oさん「あ!高橋さん。ご無沙汰しております。」

約半年振りにお会いしたOさん。
以前はよく練習場でお会いしていたのに、久々の再会でした。

先に打席で打っていたOさんのショットを見ようと
後ろで立っていたのですが、中々打つ素振りを見せません。

Oさん「実は恥ずかしくてね。人に見られていると。」

わたし「またまたぁ、どうかしたんですか?」

Oさんの話を聞けば、半年前位から持病の腰痛がひどくなってきて
以前の様に振れなくなったそうなのです。

Oさんは60過ぎの女性です。
前から練習しすぎだな、と感じてはいたのですが・・・
あまりの元気のなさに原因を見てみる事にしました。

Oさんの打った球は確かに弱々しく右にスライスしていました。

Oさん「ね?力のない球でしょ?だから恥ずかしくて。」

わたし「Oさん。もっと上手くなりたいですか?」

Oさん「そりゃそうですよ。でも年には勝てないみたいで。」

わたし「それは違いますよ、OさんにはOさんのやり方があるんです。」

Oさん「え?それどういう事?」

わたしはOさん ・・・・・

この情報の詳細を見る



Powered by . / Template by sukechan.
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。